神前式の知らないこと!三々九度の意味ってなに?


大きさの違う盃にも意味がある

神前式の儀式のひとつ、「三々九度」は聞いたことはあってもその意味は知らない人がほとんどでしょう。三々九度とは、盃に注がれたお神酒を新郎新婦が飲み交わす儀式のことです。実は三々九度は、3度とも違う大きさの盃で行われると知っていますか。これは、現在過去未来の3つを意味しており、小さいものは新郎新婦のめぐり合わせを先祖に感謝する気持ち、中くらいの大きさのものは末永く二人で力を合わせて生きていく現在、一番大きい盃は両家の安泰と子孫繁栄を祈る意味があります。このように、さまざまな意味や祈りを込めた儀式がある神前式は、とても素晴らしいものだといえるでしょう。

三三九度のやり方は知ってる?

「三々九度は大きさの違う盃を使って新郎新婦がお神酒を飲む」というのは知っていても、そのやり方まではよく知らないものです。神前式で行われる三々九度のやり方は、「一の盃で新郎・新婦・新郎、二の盃で新婦・新郎・新婦、三の盃で新郎・新婦・新婦」の順で飲むなど以前は現在よりも一回多いやり方だったといいます。大きさの違う盃を上から順に使って交互に三回お神酒を飲む、ということから三々九度と言われるようになりました。お神酒を注ぐときには、お銚子を三回にわけて傾け、飲むときは一度、二度目は口をつけるだけ、最後の三回目で飲み干すというのが正式な方法です。現在は、「一の盃で新郎・新婦」が、「二の盃で新婦・新郎」となって「三の盃で新郎・新婦」の順で行われているそうです。

神前式は、神道の昔ながらの形式で挙式が行えることや、白無垢や袴など質の良い衣装を選べるといった魅力があります。